「うつ」 生活お役立ち情報

● シリーズ1-医療費は?保険証は?医療控除の方法は?
● シリーズ2-会社でのうつ病対策はどうすればいいの?
● シリーズ3-「うつ」をテーマにした、テレビ、ラジオ番組はないの?
● シリーズ4-家族がうつ病になったら、どんなサポートをしてあげればいいの?

Q2 保険証を使っても大丈夫?

イラスト 「保険診療にすれば自己負担が減るのは分かるけれど、保険証を使うと病気のことが会社に知られるのでは・・・」と不安を持つ人もいると思います。これはけっこう気になる問題ですが、そんな心配はいりません。
 健康保険には、組合管掌保険と政府管掌保険の二種類あります。政府管掌保険のほうは、社会保険事務所が健康保険業務を扱うため、絶対に情報は漏れません。
 一方、組合管掌保険は従業員700人以上の大会社、または同一業種の中小企業が集まってつくる健康保険組合のことです。別法人ですが、組合は企業内に設置されたり、社員が出向という形で働いたりしています。でも、会社に知られることを心配する必要はありません。なぜかというと、健保組合には守秘義務があります。業務上、知ったことは外に洩らしてはいけない決まりになっています。
 親や配偶者の保険に入っている人は、家族に知られたくない場合もあるでしょう。医療機関側もこれを気遣って、保険証に医療機関名を記さないのが普通です。どうしても気になるなら、受付で「病院の名前を書かないでください」と頼めば大丈夫です。
 自費で診察を受けると、1回あたり1万円前後かかってしまいます。数回で済むならいいですが、半年や1年もつでしょうか? 治療の中断は、せっかく良くなった病状をゼロに戻します。治療が受けられずに苦しいのは本人です。保険証を使わないのは、あまりにもったいないことです。安心して使ってください。


● シリーズ1 ● シリーズ2 ● シリーズ3 ● シリーズ4