うつ病教室
● うつ病を伴いやすい病気● 更年期障害とうつ病● 胃や腸の病気とうつ病● 脳卒中とうつ病
● めまいとうつ● 耳なりとうつ● 頭痛とうつ● アトピー性皮膚炎とうつ● 高血圧とうつ● 糖尿病とうつ

からだの病気とうつ病 めまいとうつ
フラフラとなんとなく続くめまいに悩まされてはいませんか? 病院でめまいの治療を受けているのに、なかなかよくならない・・・といった状態はありませんか?

耳の病気によってめまいが発現することがありますが、特に耳などに異常はなく「うつ状態」や「不安」などのこころの不調が原因となってめまいが発現することもあります。こころの不調が原因となるめまいを“心因性めまい”と言うのですが、病院で検査を受けても特に異常が見つからなかったり、
イメージめまいの治療を受けているのになかなかよくならないような場合、単純な耳の病気だけによって起こるめまいではなく、うつや不安などのこころの不調が関係している心因性めまいの可能性もあります。心因性めまいは、決して珍しいものではなく、めまいが起こって耳鼻科を受診した人の5〜30%が“心因性めまい”と診断されています。

1.心因性めまいには、大きく分けて次の二つのタイプがあります。

(1) 耳などに異常があって、その上にこころの不調が影響して
  めまいが起こっているタイプ

(2) 耳などには異常はなく、こころの不調が主な原因となるタイプ

  (1)のタイプは、「もともと耳などの異常によってめまいがあったけれど、そこにうつや不安などが重なることによってめまいがさらに悪くなっている」というケースです。耳の異常によってめまいが起こる病気としてメニエール病などがありますが、これらの病気はストレスなども病気の発症に関与しているため、患者さんがうつなど精神的にも不調になることでさらに症状が悪化すると言われています。このような場合は、めまいに関係するからだの異常部位の治療と一緒に、うつや不安に対するこころの治療も必要になります。
イメージ
 
(2)のタイプは、うつ状態などの症状そのものとしてめまいが発症しているタイプです。実際に、うつ病などで精神科や心療内科を受診している患者さんの7〜30%にめまいが発現していると報告されています。なぜ、うつ状態や不安によってめまいが発現するかは正確には分かっていませんが、うつ状態や不安といった心理的な要因が交感神経に過度に影響を与えることが関係していると言われています。また、うつ状態は意欲や活力を伝える役割を持つセロトニンやノルアドレナリンなどの脳内の神経伝達物質の働きが悪くなることによって起こると言われていますが、このセロトニンの働きの低下によって、からだの中の平衡機能も影響を受けることが研究で分かっています。いずれにしても、うつ状態などの症状としてめまいが起こっている場合は、耳鼻科でめまいの治療を受けても治りません。イメージ
耳鼻科の先生とよく相談をして精神科や心療内科など、うつ病を専門に診る病院で適切なうつ病の治療を受けて、うつ病が改善されれば、その症状であるめまいも改善されます。

2.“めまい”には、フラフラとする以外にもいろいろなタイプがある
  背景にうつ状態などのこころの不調が原因となっている心因性めまいの患者さんが訴えるめまいとしては、全身に力が入らない感じでふらふらする、つかれきった感じでふらつく、目の焦点が合わないので集中できないなど、全身の倦怠感や疲労感、集中困難などの、正確にはめまいというより”めまい感”といった症状として訴えられる場合が多いようです。

あなたが今、悩まされているめまいはどのようなタイプのめまいでしょうか? ずっと続くめまいに悩まされているようであれば、あなたのめまいにうつ状態などのこころの不調が関係していないか病院で検査を受けてみてください。
イメージ

3.めまいが続いて耳鼻科を受診したA子さんの例
  A子さんは会社勤めをしています。このところ、決算で忙しく夜遅くなる日が続いていました。また、3ヶ月前に部署が移動になり、なれない環境でストレスを感じていたようです。 ちょうど2ヶ月前くらいから、ふわふわとからだが浮くようなめまいを感じるようになり、めまいは人込みに行くとさらに強くなるので、できるだけ人込みを避けるようになりました。その上、めまいのために仕事にも集中できない状態が続いており、また、家に帰ってテレビを見ていてもピントがぼやけたような感じになることもしばしばあったようです。時々、症状が軽くなることもあったので、「疲れがたまっているのだろう」くらいに考えていました。しかし、症状は徐々に悪くなり、めまいだけでなく、頭が重くなったり、耳鳴りがしたりもするようになり、近くの耳鼻科を受診しました。耳鼻科で耳の検査を行なっても特に異常はないと言われ、めまいを止める“抗めまい薬”をもらってのんでいたのですが、めまいは一向に改善されません。おかしいと思った担当の先生がこころの状態についても検査したところ、うつ状態にあることが分かりました。イメージ

前へ 次へ

● うつ病を伴いやすい病気● 更年期障害とうつ病● 胃や腸の病気とうつ病● 脳卒中とうつ病
● めまいとうつ● 耳なりとうつ● 頭痛とうつ● アトピー性皮膚炎とうつ● 高血圧とうつ● 糖尿病とうつ