うつ病教室
● うつ病を伴いやすい病気● 更年期障害とうつ病● 胃や腸の病気とうつ病● 脳卒中とうつ病
● めまいとうつ● 耳なりとうつ● 頭痛とうつ● アトピー性皮膚炎とうつ● 高血圧とうつ● 糖尿病とうつ

からだの病気とうつ病
うつ病を伴いやすい病気

「病院で治療を受けているけど、なかなかよくならない…」、
こんな経験はありませんか

例えば、胃が痛くて病院へ行き、胃潰瘍と診断され治療を受けているけど一向によくならない。
生活習慣病(糖尿病・高血圧・心臓病・脳卒中など)と病院で診断を受け、治療を始めてからなぜか気分の落ち込みが続いている。
更年期をむかえ、意味も無く不安や焦りを感じるようになった。
こんな経験はありませんか?
これは、本当にからだの病気だけが原因でしょうか?
例に挙げたような病気で内科などの一般の病院を受診している患者さんの1割近くがうつ病を併発していると最近の研究で報告されています。しかしこの場合、食欲の低下、不眠、頭痛などの症状が現れてもからだの病気のためであると考えたり、気分的な落ち込みがあっても病気だから仕方がないことと考え、なかなか気づかれにくいのが現状です。
しかし、このようなからだの病気に伴って発症したうつ病を放っておくと、病気の治療の妨げになったり、症状を悪化させることになります。
この特集では、うつ病を伴いやすいからだの病気を取り上げ、分かりやすく解説していきます。 

前へ 次へ

● うつ病を伴いやすい病気● 更年期障害とうつ病● 胃や腸の病気とうつ病● 脳卒中とうつ病
● めまいとうつ● 耳なりとうつ● 頭痛とうつ● アトピー性皮膚炎とうつ● 高血圧とうつ● 糖尿病とうつ

病院検索ページへ